発酵食品サポーターアイデアレシピ

ゆず味噌作り

2015年01月20日投稿

このレシピの発酵食品サポーターはこの方!

ふれんどはうす

美味しい!を共有して笑顔で心を通わせる空間作り、をテーマに、おうちごはんや体にやさしいスイーツを作り発信しています。

ブログでは日々のおうちごはんを中心に日常をつづっています。

麹ゆず味噌は今までとても時間をかけてつくていましたが、今年は麹を
加温して作ってみました。今までよりも甘く麹のつぶつぶもなくなり甘い
麹ゆず味噌が出来ました。丸1日で完成です。お試しください

材料
生麹 650グラム 柚子500~600g しょう油400cc 砂糖250g

作り方
1. 柚子は汁と種を取って、皮も袋もみじん切りにする。

2. 1と生麹と醤油を入れ保温ジャー又は炊飯器に入れ
混ぜ合わせておく

3.、6時間程度加温する。蓋はしないで
4. しっとりしたら、30分程度弱火で煮ます。
麹が半透明になってもったりしてくるのが目安。

お味噌を煮詰めたものよりあっさりしていて、ご飯に、納豆に、
  田楽味噌としてとても重宝します

大根ステーキ

材料
大根1本 玉ねぎ1個、人参1本 ゆずみそ大さじ3 
ナンプラー大さじ1 減塩塩麹大さじ3
作り方
1 大根2cmの輪切りにし、20分蒸します。
ナンプラーと減塩塩麹を混ぜ大根にからめて30分置きます。
2 フライパンにサラダ油をいれ、じっくり焼きます
3 玉ねぎ人参をあらみじん切りにして重ね煮しておきます。
4 3にゆずみそを合わせて焼いた大根の上にのせいただきます
 

  • 発酵食品サポーターアイデアレシピ
  • 麹について
  • 麹、手作り味噌などを楽しむ
  • 麹を使った料理レシピ

発酵食品サポーター様 最新記事

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2024年04月25日

ふれんどはうすの減塩甘塩麹の作り方使い方

減塩塩麹を2012年次のブームと紹介され 今年は2024年、はや12年立ちました。 ずっと使い続けてまいりましたが、最近さらに減塩塩麹が素材のうまみと甘さを引き出し、老人から赤ちゃんまで美味しく...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2024年04月09日

ゆず塩麹で白菜浅漬け・ゆず塩麹で鯛の幽庵焼き

ゆず塩麹で鯛の幽庵焼き ゆず塩麹白菜の浅漬け ゆず塩麹 作り方 塩麹を作るときゆずを刻んで一緒に発酵させます。色々なお料理にゆず風味塩麹使ってください。 かぶら蒸しなどにも利用でき...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2024年03月10日

ふれんどはうすの歩み2024年

ふれんどはうす交流プラザ 地区の仲間と毎週月曜日あっぱれ桃太郎体操、そして音楽に合わせてリズム体操、また懐かしいフォークソング、童謡を歌っています。 午前10時より15名(満室)、 人数も増えて...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2024年03月10日

長岡式酵素玄米ご飯講習会ご案内4月17日(水曜日)

※電気炊飯器では長岡式酵素玄米ご飯は炊けません 興味のある方、お話を聞いてみたい方。基本を忘れないように、すでに会員の方も何度でも出席してください。自己流にならないよう、ぜひ一人一人の方が努力...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2023年12月30日

麹を使ったおせち単品レシピ

芋きんとん 材料 さつまいも300g 甘酒大さじ2 きな粉大さじ2 塩少々 栗の甘露煮 作り方 1.さつまいもは柔らかくなるまで蒸して皮を剥ぎ、塩を加えフードプロセッサーでつぶしておく 2.甘...