発酵食品サポーターアイデアレシピ

トマト塩麹リゾット風レシピ

2015年08月25日投稿

このレシピの発酵食品サポーターはこの方!

伊藤ゆきこ 主婦・ブロガー

日本人の昔からの食の智慧、発酵食品を取り入れたお料理を楽しんでいます。
食べるものが体、さらには思考も人生をも作っていると思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

こんにちは。デトックス料理研究家の伊藤ゆきこです。

 
 
この夏はまってる塩麹トマトを使った簡単メニューをご紹介します♪
 
簡単メニューというより、手抜きランチ…
もしくは賄い風ですが^_^;
 
 
 
 

トマト塩麹リゾット風レシピ

材料
 
トマト塩麹
残りご飯(麦入り胚芽米)
きゅうり
ニュートリショナルイースト
ココナッツオイル
にんにく

 
作り方

ココナッツオイルでにんにくのみじん切りを熱して、残りご飯を軽く炒めてトマト塩麹を投入。
 
きゅうりは小口切りにして塩もみして水気を切ったのにニュートリショナルイーストイーストをまぶしてご飯に混ぜました。
 
 
なんとも簡単でしょ(*^_^*)

ニュートリショナルイーストは、ベジタリアンの方などがビタミンB不足予防で使われたりしています。

これを使うとチーズ味になるので、乳製品を控えたい、とかアレルギーの方にも良いと思います。

私自身は、お肉は時々食べますが、チーズはよく選んでごくたまーに、なので気軽に使える点で重宝しています。
 

トマト塩麹は、トマトピューレやトマトソースを使う要領で使うと便利です。
 
 
腸に嬉しいポイントは・・・
 
 
塩麹に使ってる米麹は生きた微生物=プロバイオティクス。
 
トマトの食物繊維とオリゴ糖は、プロバイオティクスのエサになるプレバイオティクス。


腸内環境を良くするプロバイオティクスとそのエサになるプレバイオティクスを合わせて摂ると効果があります。
つまり、発酵食は、単独よりも、食物繊維、と一緒に食べると相乗効果ですよ~
 
だから、納豆やお漬物など、和食の発酵食が腸によいと言われるんですね。



私の場合、こういう知識は後付けで・・・
美味しいから作って食べる♪という感じです。



今回のリゾット、単独では栄養面でちょっと・・・なので、
野菜やタンパク質、組み合わせで調整してくださいね。

  • 発酵食品サポーターアイデアレシピ
  • 麹について
  • 麹、手作り味噌などを楽しむ
  • 麹を使った料理レシピ

発酵食品サポーター様 最新記事

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2019年03月16日

3月の料理教室95回

残ったお寿司とキャベツとアサリのおつゆをいただきお弁当は家族に持って帰られました。 今日はお花見シーズンなのでお弁当を作ってみました。 ご飯は炊き込み野菜すしと長岡式酵素玄米ご飯 おかずは「あな...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2019年02月21日

大根ステーキ

本日のメニューは 大根ステーキ(蒸してごま油で焼きコチュジャンを使った甘辛たれをかけています) のっぺい煮(こんにゃく、干しシイタケ、昆布、かんぴょう、玉ねぎ、人参、ごぼう、レンコン、塩麴を乗せ...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2019年02月17日

料理教室94回

今月の料理教室は 大和イモのいそべ揚げカキフライ風 里芋と大豆のサラダ ワケギのぬた エノキあんかけ豆乳の茶碗蒸し おろし大根のソース ご飯は炊きたての長岡式酵素玄米ご飯です。 炊きたてもおいし...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2019年02月01日

1月料理教室

1月料理教室は大根の効能、大根丸ごとレシピです。 蒸したり塩もみしたり色々作ってみました。 大根グラタン、大根のみそ煮込み、干し柿入り酢の物、大根葉の漬物、 菊菜と塩もみ大根の白和え、けんちん汁...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2019年01月05日

謹賀新年 今年もよろしくお願いいたします

昨年不覚にも体調がすぐれずこのままだとダメと判断して12月20日から年明け 1月14日までお休みをいただきました。 粗食を10日間、1日2食を一汁一飯にすると体の中がリセットされ調子が整ってきま...