発酵食品サポーターアイデアレシピ

残りごはんで作る甘麹

2016年07月22日投稿

このレシピの発酵食品サポーターはこの方!

伊藤ゆきこ 主婦・ブロガー

日本人の昔からの食の智慧、発酵食品を取り入れたお料理を楽しんでいます。
食べるものが体、さらには思考も人生をも作っていると思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

残りごはんを使って手軽につくる甘麹の作り方です。


材料(例)
ご飯:米麹=3:2 くらいで作るとうまくいきます。
(例:ご飯 150g、米麹 100g、水 150cc)

作り方
1.残りご飯に水を加えておかゆ状にし、70度までさましたらほぐした米麹を混ぜます。
割合は、ご飯:米麹=3:2 くらいで作るとうまく行きます。
(例:ご飯 150g、米麹 100g、水 150cc)


2.60度くらいになったら、炊飯器か保温ポットへ。
 
 
2時間くらい経過したので様子をみてみたら…

こんな感じ!
とろとろで甘いです(^_^)


糖分だけでなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素が含まれるので、
精製された砂糖より安心です。


3.約6~8時間くらい保温して出来上がりです。
フードプロセッサーでなめらかにしておくと、扱いやすいです。

  • 発酵食品サポーターアイデアレシピ
  • 麹について
  • 麹、手作り味噌などを楽しむ
  • 麹を使った料理レシピ

発酵食品サポーター様 最新記事

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2021年09月19日

ふれんど。はうすの歩み

(事業開始の経緯)  この地で30年間営んでいたスーパーマーケットの閉店がきっかけです。 第二の人生をどのように過ごしてゆくか、何か出来ることは無いか考えている時 商工会連合会が主催する「女性...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2021年09月19日

酵素玄米ご飯のお弁当

最近の酵素玄米ご飯日替わりお弁当です。写真を見ていただくと色々お野菜が多いと思います。 ゆっくり食べていただくと血糖値上昇を抑えてバランスの良い品数を考えて作っています。 大皿に盛り付けると好き...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2021年09月02日

9月に入ってもお弁当のみの販売です。

9月に入りましたね、コロナ終息はまだまだのようです。コロナワクチンの接種もいろんなところで接種可能の様子がテレビで流れていますがスムーズな流れではないように見受けられます。 まだまだしばらくはお...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2021年08月17日

8月17日のお弁当、

長い夏休みをいただき、元気になりました。また頑張って皆様に美味しいと言っていただけるお料理を作ってゆきたいと思います。よろしくお願いいたします。 今日のお弁当を器に入れ替えてみました。またお弁当...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2021年07月27日

夏季休暇のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。 私は今年の異常な暑さに参っています。体力低下がひどいです。 後期高齢になると無理ができません。 自己管理が一番かと思いお盆過ぎまでお休みをいただきます。 申し分けあり...