発酵食品サポーターアイデアレシピ

残りごはんで作る甘麹

2016年07月22日投稿

このレシピの発酵食品サポーターはこの方!

伊藤ゆきこ 主婦・ブロガー

日本人の昔からの食の智慧、発酵食品を取り入れたお料理を楽しんでいます。
食べるものが体、さらには思考も人生をも作っていると思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

残りごはんを使って手軽につくる甘麹の作り方です。


材料(例)
ご飯:米麹=3:2 くらいで作るとうまくいきます。
(例:ご飯 150g、米麹 100g、水 150cc)

作り方
1.残りご飯に水を加えておかゆ状にし、70度までさましたらほぐした米麹を混ぜます。
割合は、ご飯:米麹=3:2 くらいで作るとうまく行きます。
(例:ご飯 150g、米麹 100g、水 150cc)


2.60度くらいになったら、炊飯器か保温ポットへ。
 
 
2時間くらい経過したので様子をみてみたら…

こんな感じ!
とろとろで甘いです(^_^)


糖分だけでなく、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素が含まれるので、
精製された砂糖より安心です。


3.約6~8時間くらい保温して出来上がりです。
フードプロセッサーでなめらかにしておくと、扱いやすいです。

  • 発酵食品サポーターアイデアレシピ
  • 麹について
  • 麹、手作り味噌などを楽しむ
  • 麹を使った料理レシピ

発酵食品サポーター様 最新記事

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2018年07月05日

長岡式酵素玄米ご飯講習会ご案内7月31日(火曜日)

ここに紹介する「長岡式酵素玄米飯」は正しく基本を守り、食し、続けていくことによって効果が表れます。講習会では、さまざま視点からのお話、体験談、質問など、実際の炊き方をふまえての講習会となります。...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2018年06月18日

6月料理教室

6月は梅のシーズンですね。梅ジャム、梅ジュースを一度に作るやり方を勉強しました ささみカツレツ、ラタツゥユ、梅ジャムのコールスローサラダ、きゃらぶき、蕎麦がき汁、ひじきとゴボウの梅煮、山椒ちりめ...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2018年05月26日

イワシのムニエルのカレー添え

イワシのカレー味ムニエルに塩麹きのこたっぷりのカレーを添えてみました。 メニューはキンピラごぼう、かぼちゃの塩麹蒸し煮、大根のなます、もずくのすまし汁、長岡式酵素玄米ご飯です。お漬物は太陽の家販...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2018年05月24日

鯵の南蛮漬けとキャベツの塩麹煮びたし

今日の一品「塩麹でキャベツの煮びたし」 塩麹で煮るだけで美味しい煮びたしが出来ます。 塩麹のキャベツの煮びたし味が薄いので好みで藻塩麹パウダをかけて塩味だけでいただきます。 塩麹はうまみ...

岡山市の懐かしい自然食ランチの食堂 ふれんどはうす 2018年05月23日

特別注文のお弁当

鮭は減塩塩麹に一晩漬けています。 鮭の減塩塩麹焼き、ふきと人参の白和え、塩麹きのこ、エンドウの切干大根とエノキ、揚げの煮物炒め、豆とおからの酢の物、煮物は(ひりょうず、牛蒡、人参、サトイモ、こん...